Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、スマホ向け「匿名認証技術」の共同研究を開始 - 2014年末までの実用化目指す

NECは、フランステレコムやマイクロソフトなど海外の企業、研究機関8社と、スマートフォン向け「匿名認証技術」の共同研究を開始した。

同技術は、公開鍵暗号技術およびゼロ知識証明技術を応用し、利用者の特定をせずに利用者が正当な権限を所有することを証明する技術。

従来のIDを用いた認証方法では、蓄積されたアクセス履歴や行動履歴が追跡できるため、個人情報漏洩のリスクがあるが、同技術では、利用者や機器のIDは匿名のまま、アクセス権限だけを確認できる。

従来よりスマートフォンではリソースが限られており同技術の活用が難しいが、同社ではフランス国立研究機構のプロジェクトに参加して共同研究を進め、非接触通信におけるセキュリティとプライバシーを暗号技術によって担保する匿名認証技術の開発を目指し、2014年末までに実用化を目指すとしている。

(Security NEXT - 2012/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み
複数無線LAN製品に脆弱性「BLEEDINGBIT」 - TI製BLEチップに起因、医療機器にも影響か
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
IPA、組織向けセキュリティ自己診断ツールに最新版 - データ拡充、統計資料も
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
FIDOアライアンス、12月に都内でセミナー開催
Windowsのログオン制御ソフトに認証回避の脆弱性
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に