Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、IP割当不要で複数ドメインに対応するSSL証明書

GMOグローバルサインは、複数ドメインのSSL通信に対応する「マルチドメインオプション」を4月2日より提供開始する。同社では事前申込を受け付けている。

同サービスは「企業認証SSL」のオプションとして提供するもので、1件のSSLサーバ証明書でバーチャルホストなどに設定した複数ドメインに対応が可能。IPアドレスを割り当てることなく、最大40件のFQDNをSSL証明書に追加できる。

SSLサーバ証明書では、申請時にコモンネームとして1件のFQDNを指定するが、同オプションでは、SSLサーバ証明書の拡張領域である「サブジェクトの別名(SAN)」にFQDNを追加することで対応したという。

同オプションは、随時追加が可能。オプション料金は、有効期間により変化し、有効期間185から366日のFQDNを1件追加した場合は、3万6540円。

(Security NEXT - 2012/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
サイバートラスト、DigiCert証明書の取扱を強化 - RAを国内に開設
KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発
マイナンバーカードを利用したオンライン向け本人確認サービス - サイバートラスト
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
「EV SSL証明書」の半額キャンペーン - サイバートラスト
NEC、マイナンバーカードの活用を支援するソリューション