Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスター、クラウド型MDMソリューションの提供開始日を変更

ネットスターは、1月の発表当初2月末にリリースを予定としていた「NetSTARビジネススマートセキュリティ」の発売を3月1日に変更した。出荷は3月16日を予定している。

同サービスは、スマートフォンやタブレット端末向けに端末管理機能を提供するクラウド型サービス。サービス開始当初は「iOS」に対応し、「Android」にも順次対応を予定している。

基本サービスとして、「URLフィルタリング」や「ファイアウォール」「VPN」「レポート機能」などを用意。月額利用料は1デバイスあたり525円。初期費用10万5000円が別途必要。マネジメントオプション(420円/月)や拠点間VPNオプション(630円/月)についても提供する予定。

(Security NEXT - 2012/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供