Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスター、クラウド型MDMソリューションの提供開始日を変更

ネットスターは、1月の発表当初2月末にリリースを予定としていた「NetSTARビジネススマートセキュリティ」の発売を3月1日に変更した。出荷は3月16日を予定している。

同サービスは、スマートフォンやタブレット端末向けに端末管理機能を提供するクラウド型サービス。サービス開始当初は「iOS」に対応し、「Android」にも順次対応を予定している。

基本サービスとして、「URLフィルタリング」や「ファイアウォール」「VPN」「レポート機能」などを用意。月額利用料は1デバイスあたり525円。初期費用10万5000円が別途必要。マネジメントオプション(420円/月)や拠点間VPNオプション(630円/月)についても提供する予定。

(Security NEXT - 2012/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル