Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パナソニック、Android端末にマルチOS環境を構築、データ保護を実現する技術

パナソニックは、米RedBend Softwareと共同で、Android搭載スマートフォン内のデータを保護する新技術を開発した。

今回開発したのは、Androidから仮想的に分離した保護機能付フォルダを用意し、データを保護する技術。アプリによるフォルダへのアクセスを個人認証により制御し、紛失や不正アプリによるデータの外部流出を防止する。

同技術の実現にあたっては、組込みハードウェア上にAndroidと汎用LinuxのマルチOS環境を実現するRedBend製仮想化ソフトウェア「vLogix Mobile」を活用。さらにAndroidの標準ドライバで構築できる技術を両社が共同で開発した。

Linux上の保護機能を備えたフォルダを用意し、個人を認証した場合のみ、Androidアプリからアクセスすることが可能。また認証を含むLinux環境全体の実行コードを暗号化し、ROMに格納することで不正利用を防止する。

今後は、同技術をパナソニックモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン端末へ搭載していくという。

(Security NEXT - 2012/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供