Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パナソニック、Android端末にマルチOS環境を構築、データ保護を実現する技術

パナソニックは、米RedBend Softwareと共同で、Android搭載スマートフォン内のデータを保護する新技術を開発した。

今回開発したのは、Androidから仮想的に分離した保護機能付フォルダを用意し、データを保護する技術。アプリによるフォルダへのアクセスを個人認証により制御し、紛失や不正アプリによるデータの外部流出を防止する。

同技術の実現にあたっては、組込みハードウェア上にAndroidと汎用LinuxのマルチOS環境を実現するRedBend製仮想化ソフトウェア「vLogix Mobile」を活用。さらにAndroidの標準ドライバで構築できる技術を両社が共同で開発した。

Linux上の保護機能を備えたフォルダを用意し、個人を認証した場合のみ、Androidアプリからアクセスすることが可能。また認証を含むLinux環境全体の実行コードを暗号化し、ROMに格納することで不正利用を防止する。

今後は、同技術をパナソニックモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン端末へ搭載していくという。

(Security NEXT - 2012/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開
KDDI、法人向けMDMでスマホ用ウェブフィルタオプション
PFU、不正にネットワーク接続された機器を検知するアプライアンス
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
日本HP、BIOS保護やウェブ経由のマルウェア感染対策など新機能 - 覗き見防止機能も
ヤフー、携帯電話のSMSを活用したログイン認証を順次導入 - 従来パスワードは不要に