Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player 」のアップデートが公開 - 一部脆弱性は標的型攻撃に悪用される

Adobe Systemsは、複数の深刻な脆弱性を解消した「Adobe Flash Player」のアップデートを提供開始した。一部脆弱性は、すでに標的型攻撃で利用されているという。

今回のアップデートは、「Windows」や「Mac」「Linux」「Solaris」に提供されている「同11.1.102.55」、および以前のバージョンに存在する脆弱性を修正するもの。

さらに「Android 4.x」向けに提供していた「同11.1.112.61」や、「Android 3.x」以前の環境へ対応する「同11.1.111.5」、および以前のバージョンについても脆弱性が含まれており、アップデートを用意。あわせて7件の脆弱性を解消している。

今回のアップデートでは、メモリ破壊の脆弱性をはじめ、セキュリティ機能のバイパス、ユニバーサルクロスサイトスクリプティングといった問題を解決。メモリ破壊など脆弱性が悪用された場合は、アプリケーションがクラッシュし、端末を乗っ取られる可能性がある。

影響を受けるのは「Windows」で「Internet Explorer」を利用している場合に限られるものの、ユニバーサルクロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2012-0767」については、すでに標的型攻撃へ悪用されているとの報告が寄せられているという。

同社では、PC向けの最新版「同11.1.102.62」をはじめ、Android 4.x以上のユーザーを対象とした「11.1.115.6」、Android 3.xより以前のバージョンの利用者向けの「同11.1.111.6」を公開。アップデート呼びかけている。

また何らかの理由でアップデートが行えない「Adobe Flash Player 10.x」の利用者向けには、「同10.3.83.14」を用意している。

(Security NEXT - 2012/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大