Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デスクトップPCのドライバディスクにウイルス混入 - レノボ

レノボ・ジャパンが販売するデスクトップパソコン「IdeaCentre B520」の一部付属ディスクに、ウイルスが混入していたことがわかった。希望者にはディスクの交換に応じる。

付属するドライバディスク「Lenovo Win7 Drivers Pack V1.2 For IdeaCentre B520」「同V1.3」にウイルス「W32.Chir.b@mm」が混入していたもの。旧バージョンや製品にプリインストール、ウェブサイトでダウンロード提供しているドライバについては問題ないとしている。

「W32.Chir.b@mm」は、メール拡散型ワーム。マカフィーによれば、最初の検体は2003年に見つかっており、WordファイルやExcelファイルを破壊するという。

同社では利用者に問題のディスクを利用せず、ドライバをインターネット上からダウンロードするよう呼びかけている。また希望者には、1月10日より最新ディスク「同V1.4」との交換に応じるとしている。

(Security NEXT - 2012/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を
損ジャ日興、ネット炎上時の対応費用を補償する損害保険
学校が提出した個人情報含む書類を紛失 - 横浜市
印影など含む伝票約2.2万件が所在不明 - JA札幌
PHP起因の「Joomla!」脆弱性で改ざん被害 - JPCERT/CCが注意喚起
長期休暇に備えてセキュリティ対策を - 「山の日」前日のパッチ公開にも注意
顧客情報記載の帳票が所在不明 - JAおおふなと
2支店で顧客情報記載の伝票紛失が判明 - 東京東信金
7店舗で休眠口座の印鑑届4795件を紛失 - 佐賀銀