Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMC、フィッシングサイト閉鎖サービスの実績が50万件を突破

EMCジャパンは、フィッシング対策サービス「RSA FraudAction」で閉鎖したフィッシングサイトが、のべ50万件を突破したと発表した。

同サービスは、フィッシングサイト発見時にホスティング事業者と協力し、フィッシングサイトを閉鎖するサービス。ワールドワイドで対応し、国外ISPとの交渉についてもサポートする。

同社によれば、閉鎖サイト数は年々増加しており、2011年は14万1000件をに閉鎖し、185カ国にて閉鎖したサイト数が50万件に達したという。

(Security NEXT - 2011/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割