Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報2万4000件含むCD-ROMが所在不明に - 但陽信金

但陽信用金庫は、福崎支店において、ATMでの取引内容が記録されたCD-ROM1枚が所在不明になっていることを明らかにした。

紛失したCD-ROMは、2010年10月12日から2011年2月13日までの同支店設置ATMにおける取引内容2万4303件が記録されていたジャーナル。

顧客の氏名や、口座番号、取引金額、残高、振込先などの情報が含まれるが、保存されていたデータは暗号化されていたという。

11月16日に紛失が判明した。捜索を行ったが発見されず、内部で誤って廃棄した可能性が高いと同金庫では説明している。外部からの問い合わせなども確認されていない。

(Security NEXT - 2011/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
顧客情報含む書類を保管箱ごと紛失、誤廃棄か - 興能信金
顧客情報が金庫ごと盗難 - お好み焼き専門店
同意なしで信用情報取得、営業に利用 - 鹿児島信金
2支店で伝票約1万4000件を紛失 - きのくに信金
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金
特別支援学校で生徒の個人情報が所在不明 - 東京都
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金