Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行き届かない企業サイトの管理や監視 - 踏み台被害に気がつかない可能性も

企業が自社で運営するすべてのサイトに対し、管理や監視を実施している企業は、およそ半数にすぎないことが判明した。委託サイトでは、さらに低い割合となっている。

NRIセキュアテクノロジーズが、毎年実施している「企業における情報セキュリティ実態調査」により判明したもの。同社では、8月から9月にかけて上場企業を中心とする3000社にアンケートを実施し、回答があった599社の結果を取りまとめた。

ウェブサイトの管理状況を見ると、自社で運営する全ウェブサイトについて、管理や監視を行っている企業は約50%。外部へ委託しているサイトについては約35%まで低下し、管理や監視が行き届いていない状況が明らかになったという。

同社はこうした現状について、不正アクセスやマルウェア配布の踏み台に悪用された場合など、被害に気が付かないおそれがあると問題を指摘している。

(Security NEXT - 2011/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
Symantecも国内で「Bad Rabbit」を検知 - 観測ピークは発生2時間後
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
「Petya」類似の新種ランサム「Bad Rabbit」 - ニュースサイト経由で感染誘導
総務省、「IoTセキュリティ総合対策」を公表 - 脆弱性対策や人材育成を提言
通販サイトかたるメールに注意 - マルウェアサイトへ誘導
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
NTTドコモのWi-Fiルータに脆弱性 - ゼロデイ攻撃でマルウェア感染も発生か
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も