Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SST、Androidアプリや連携サーバの脆弱性診断サービスを開始

セキュアスカイ・テクノロジー(SST)は、診断サービス「Androidアプリケーション診断」を提供開始した。

同サービスは、Android端末向けのアプリや、アプリと連動するサーバAPIのセキュリティを包括的に診断するサービス。従来個別に対応してきたものをメニュー化した。

apkファイルやアプリ動作時の生成ファイルからアプリの脆弱性を診断。またアプリと連動するサーバのAPIに対しても、同社が開発したツールや専門家の手動による疑似攻撃を通じて脆弱性を検出する。

診断終了後に報告書を提供するほか、オプションで報告会にも対応する。料金は、クライアントの診断、10件のAPI診断を実施し、102万9000円。

(Security NEXT - 2011/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS