Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SST、Androidアプリや連携サーバの脆弱性診断サービスを開始

セキュアスカイ・テクノロジー(SST)は、診断サービス「Androidアプリケーション診断」を提供開始した。

同サービスは、Android端末向けのアプリや、アプリと連動するサーバAPIのセキュリティを包括的に診断するサービス。従来個別に対応してきたものをメニュー化した。

apkファイルやアプリ動作時の生成ファイルからアプリの脆弱性を診断。またアプリと連動するサーバのAPIに対しても、同社が開発したツールや専門家の手動による疑似攻撃を通じて脆弱性を検出する。

診断終了後に報告書を提供するほか、オプションで報告会にも対応する。料金は、クライアントの診断、10件のAPI診断を実施し、102万9000円。

(Security NEXT - 2011/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード
リモコン操作に対応したAndroid TV向けセキュリティ対策アプリ
「BlueBorne」の影響をチェックできるAndroidアプリ