Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android狙う「DroidKungFu」がボットネットとして活動を本格化 - 米Fortinetが観測

Androidを狙ったマルウェア「DroidKungFu」が、ボットネットとして本格的な活動を開始しているとして、米Fortinetが警鐘を鳴らしている。

「DroidKungFu」は、脆弱性を攻撃してroot権限を奪う機能を備えたマルウェア。6月に登場したが、その後同社では、複数の亜種を検知している。亜種のひとつは「VPNクライアント」を偽装っており、ソーシャルエンジニアリングで感染を広げている。

感染すると、デバイスのroot権限が取得され、マルウェアのダウンロード、不正サイトのURLを開く、プログラムの起動、システム上のファイル削除など、さまざまな攻撃活動を行うという。

同社では、PCに感染するマルウェアと同様の攻撃を行うなど巧妙で、ボットネットとして活動開始していることから、利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Google Play」で人気アプリ装うソーシャルエンジニアリング - 開発者名を悪用
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
偽佐川急便からのSMSに注意を - ネットバンク利用者狙う不正アプリを拡散
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演