Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android狙う「DroidKungFu」がボットネットとして活動を本格化 - 米Fortinetが観測

Androidを狙ったマルウェア「DroidKungFu」が、ボットネットとして本格的な活動を開始しているとして、米Fortinetが警鐘を鳴らしている。

「DroidKungFu」は、脆弱性を攻撃してroot権限を奪う機能を備えたマルウェア。6月に登場したが、その後同社では、複数の亜種を検知している。亜種のひとつは「VPNクライアント」を偽装っており、ソーシャルエンジニアリングで感染を広げている。

感染すると、デバイスのroot権限が取得され、マルウェアのダウンロード、不正サイトのURLを開く、プログラムの起動、システム上のファイル削除など、さまざまな攻撃活動を行うという。

同社では、PCに感染するマルウェアと同様の攻撃を行うなど巧妙で、ボットネットとして活動開始していることから、利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開