Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pythonファイルに感染するエクスプロイトコードを確認 - シマンテック

シマンテックは、あらたな手法で「pycファイル」に任意のコードを挿入するエクスプロイトコードを確認した。

同社によれば、問題のコードは、Pythonのコンパイル済みファイルに感染する「Python.Pytroj」。逆アセンブルした状態に不正なソースを挿入し、再びアセンブルするもので、単純にコードを追加する攻撃ではないという。

今回同社が検出したコードの危険性は低いものの、従来にない感染手法であり、今後悪用されることも懸念されることから注意が必要だと指摘している。

(Security NEXT - 2011/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
PHPのテンプレエンジン「Twig」に情報漏洩の脆弱性