Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンクのログイン情報騙し取るメールに注意 - 今度は三井住友銀行がターゲットに

三井住友銀行を装い、同社ネットバンキングサービスの利用者からアカウント情報を騙し取る攻撃が発生している。同行やフィッシング対策協議会では、誤って個人情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

問題のメールは、「セキュリティの向上にともない、SMBCダイレクトの暗証カードを再発行する」などと騙してアカウント情報の送信を求めるもので、「手続きしないと支障をきたす」などとユーザーの不安を煽る内容だった。

メールには実行ファイルが添付され、起動すると契約者番号や暗証番号、乱数表の入力する欄があり、情報の送信を促すという。

三井住友銀行は、SMBCダイレクトの利用者に対してメールやウェブサイトを通じて注意喚起を実施。フィッシング対策協議会では、JPCERTコーディネーションセンターへ対応を依頼した。

8月下旬ごろから三菱東京UFJ銀行に対する同様の攻撃が確認されており、セキュリティベンダーや情報処理推進機構(IPA)などが注意喚起を行ったばかり。今後さらに他金融機関へ攻撃が拡大するおそれもある。

(Security NEXT - 2011/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生