Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

32%がスマホやタブレットにセキュリティ製品は「必要ない」 - マカフィー調査

スマートフォンやタブレット端末などのデバイスに、セキュリティ製品は必要ないと考えているユーザーが32%を占めることが、マカフィーの調査でわかった。

同社が実施した、個人が保有する「デジタル資産」に関する調査によって明らかになったもの。米国、カナダ、英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、オランダ、オーストラリア、日本の10カ国、3000人以上のインターネットユーザーを対象に実施された。

調査によると、インターネットに接続できるデバイスを5台以上保有しているユーザーは25%、3台以上は60%にのぼる。デバイスに保有している写真や動画、音楽、個人情報などのデジタル資産は平均2777件、平均評価額は3万7438ドルだった。

ユーザーは、写真や動画など個人的な思い出に高い価値をおく傾向がある一方、デバイスに対するセキュリティ意識は低迷。セキュリティ対策を導入していないデバイスを所有しているユーザーは36%にのぼり、7%は一切対策を行っていないという。

セキュリティ製品について、実際に購入しているのは50%未満で、32%が購入する必要がないと回答。31%がコストを理由に購入をためらっているという。

(Security NEXT - 2011/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都