Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検索結果が危険な有名人1位は「ハイディクルム」 - ランキング常連のブラピは圏外へ

インターネットで検索した結果、悪質なサイトが表示される割合が最も高い有名人が、スーパーモデルのハイディクルムさんであることが、マカフィーの調査で判明した。

同社がまとめた「インターネット検索で最もリスクの高い有名人 2011」によれば、もっとも危険度が高いとされるハイディクルムさんの場合、検索結果の9.2%が悪質なサイトだった。米のコスメブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の元モデルで、2010年の10位から急浮上している。

前年1位だったキャメロンディアスさんは2位に後退。悪質サイトが表示される割合も、9.7%から9.1%へ減少した。3位には、オーディション番組の審査員として有名なピアーズモーガンさんがランクインした。

一方、前回ランクインしたジュリアロバーツさんやトムクルーズさん、ブラッドピットさんなど、日本人にとって馴染み深い有名人たちはトップ10圏外に順位を下げている。

話題の映画やテレビ番組に出演したり、業界で注目されている俳優やモデルの危険度が高く、歌手やスポーツ選手は比較的危険度が低いという傾向があると同社では分析している。

インターネット検索で最も危険な有名人ランキングは以下のとおり。

インターネット検索で最も危険な有名人(2011年)

1位:ハイディクルム
2位:キャメロンディアス
3位:ピアーズモーガン
4位:ジェシカビール
5位:キャサリンヘイグル
6位:ミラキュニス
7位:アンナパキン
8位:アドリアナリマ
9位:スカーレットヨハンソン
10位:エマストーン

インターネット検索で最も危険な有名人(2010年)

1位:キャメロンディアス
2位:ジュリアロバーツ
3位:ジェシカビール
4位:ジゼルブンチェン
5位:ブラッドピット
6位:アドリアナリマ
7位:ジェニファーラブヒューイット
7位:ニコールキッドマン
9位:トムクルーズ
10位:ハイディクルム

インターネット検索で最も危険な有名人(2009年)

1位:ジェシカビール
2位:ビヨンセ
3位:ジェニファーアニストン
4位:トムブレイディ
5位:ジェシカシンプソン
6位:ジゼルブンチェン
7位:マイリーサイラス
8位:ミーガンフォックス
9位:アシュレイティスデイル
10位:ブラッドピット

インターネット検索で最も危険な有名人(2008年)

1位:ブラッドピット
2位:ビヨンセ
3位:ジャスティンティンバーレイク
4位:ハイディモンタグ
5位:マライアキャリー
6位:ジェシカアルバ
7位:リンジーローハン
8位:キャメロンディアス
9位:ジョージクルーニー
9位:リアーナ

(Security NEXT - 2011/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
ネット検索で狙われるミュージシャン - 「無料DL」などで誘惑
ネット検索で危険なセレブ、人気深夜番組の司会者がトップ - ミュージシャンも標的に
ネット検索で最も危険な有名人はCity of Boneのリリーコリンズ
ネット検索でもっとも危険な有名人はハリポタ女優 - 1割超が脅威サイト
「キャメロンディアス」の検索結果、1割が危険 - 出演映画ヒットで急上昇
改ざんサイトの企業割合が17ポイント減少 - セキュアブレインレポート
2009年は不正サイトが7.6ポイント増、1日あたり2465件を検知 - 悪質ドメインの8割は改ざんサイト
スパムやマルウェアの脅威が調査開始以来最悪を記録 - マカフィー第3四半期レポート