Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、ネットトラブルの事例集に誹謗中傷に関するトピック追加

総務省は、「インターネットトラブル事例集(2020年版)追補版」を公開した。インターネット上の誹謗中傷に関する事例をあらたに盛り込んだ。

同事例集は、子育てや教育現場など、保護者や教職員が活用することを目的に、インターネットに関するトラブルの事例をまとめたもの。今回、インターネット上の誹謗中傷に関する事例をあらたに盛り込んだ。

SNSなどで有名人を誹謗中傷し、慰謝料が請求されたケースを解説。著名人といった立場や事実かどうかを問わず、人格を否定または攻撃するような投稿は許されず、法的な責任を負うおそれがあるとし、注意すべきポイントをまとめた。また誹謗中傷は、再投稿者でも広めることに加担したと見なされるとして注意を呼びかけている。

また、SNSによる誹謗中傷被害への対処方法を紹介。ミュートやブロックなどで相手と距離を置く、投稿の削除を依頼する、信頼できる機関に相談するなど、アドバイスを提供している。

(Security NEXT - 2020/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業のセキュ対策情報開示で手引書 - 総務省
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
利用者向けフィッシング対策ガイドラインが改訂 - メール中のリンクに注意を
マイナンバーのトラブル事例 - 「提供しなければ解雇」
IPA、内部不正防止ガイドラインが改訂 - 必須策と強化策を明確化
ネットリテラシー向上の取り組み28事例を取りまとめ - 総務省
IPA、生体認証の利用促進に向けた資料を公開
使用して気がつく「生体認証」の利便性 - IPAが報告書