Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立とKDDI、未知のマルウェアを検知して駆除する技術を開発 - 実証実験を開始

日立製作所とKDDIは、マルウェアを発見し、駆除できる「マルウェア対策ユーザサポートシステム」を開発したと発表した。

同システムは、未知、既知に関わらずマルウェアを発見し、駆除できるシステム。NICTからの委託研究で、日立が技術開発の中心となり、KDDIがシステム構築や実証実験などをおもに担当している。

クライアントPCにエージェントをインストールし、マルウェアと疑われるプログラムを検出。NICTの「nicterミクロ解析システム」と協調動作して、挙動や外部との通信を解析することができる。

解析対象のプログラムをマルウェアと診断した場合は、さらに解析結果を利用することで駆除用のプログラムを自動的に生成。ユーザーのPCに配布することが可能。

両社はシステムの有効性を検証するため、大学や専門学校など教育機関の協力を得て、実証実験を9月15日より12月末まで展開。動作の安定性や、侵入時に検知、駆除が行われるか検証する。

(Security NEXT - 2011/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
IBM、インシデント対応に向けた事前事後対策サービスを拡充
8割超のSOC、成熟度レベル低く脆弱 - HPE調査
アズビル、インフラや制御システム向けマルウェアセンサーを発売
未知マルウェアのダウンロード、前年の9倍超に - チェック・ポイント調査
「Pokémon GO」便乗の不正アプリ、1カ月で約12倍に - 説明通りのアプリはわずか1割強
日テレ、不正アクセスによる情報漏洩で調査報告 - 利用ソフトの開発に落ち度、委託先運用体制にも問題