Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月のAndroidマルウェア検出数は38件 - 過去最多を更新

logomc1.jpg

マカフィーは、8月にAndroidを狙ったマルウェア38件をあらたに検知したと発表した。1カ月間に発見された件数としては過去最多となっている。

マカフィーによれば、8月に確認されたモバイルデバイス向けマルウェアは45件。そのうちAndroidを対象としたものが38件にのぼり、8割以上を占めた。これまでの最多件数は6月の24件だったが大きく上回っている。残り7件はいずれもSymbianを対象としたものだった。

Androidを対象としたプログラム38件の内訳は、マルウェアの新種が3件、亜種が21件。不審プログラム(PUP)の新種が3件、亜種が11件。マルウェアの新種には、脆弱性を突いてroot権限を奪う「Android/ApkMon」が含まれる。

同アプリは、写真アプリとして配布されていたもので、OS 2.2以降に存在するLinuxシステムアプリケーション「vold」の脆弱性を悪用する攻撃「GingerBreak」により、root権限を奪取する危険なものだった。

感染するとバックドアを仕掛けて不正なアプリケーションをインストールするほか、電話番号や端末情報、アプリのインストール情報などを外部に送信する。今後も脆弱性を狙った攻撃が引き続き発生するおそれがあるとして、注意を求めている。

(Security NEXT - 2011/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件