Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

恋人監視アプリ「カレログ」、Android向けセキュリティ対策ソフトの対応は?

9月にリリースされたAndroid端末向け監視サービス「カレログ」は、リリース直後よりメディアなどで取り上げられ、インターネット上で大きな話題を集めている。

110905kl_01.jpg
監視サービス「カレログ」

リリース当初、インストールされるアプリの名称が異なったり、ソフトの特徴に「電池切れのいい訳ができない」「情報取得のタイミングは端末側からわからない」など、端末利用者の意志へ明らかに沿わない記述もあり、プライバシーへ懸念する声が上がった。

また研究者により、アプリが改正刑法において違法と判断されるか検証など行われたり、同アプリがインストールされていないか確認する別のアプリまで登場している。

同サービスを運営するマニュスクリプトは、こうした反応を受けて8月31日に謝罪を掲載。その後のバージョンアップで、アプリアイコン並びの表示方法を変更するなど修正した。端末のメールアドレスを必須とし、サービス確認のメールを配信よう改良を実施する予定だという。

注目が集まる同アプリだが、セキュリティ対策ソフトがどのように反応するか気になるところ。シマンテック、マカフィー、トレンドマイクロの3社に話を聞いた。

(Security NEXT - 2011/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Google Play」で人気アプリ装うソーシャルエンジニアリング - 開発者名を悪用
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
偽佐川急便からのSMSに注意を - ネットバンク利用者狙う不正アプリを拡散
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演