Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、知識不足をサポートする「セキュリティ要件確認支援ツール」を公開

情報処理推進機構(IPA)は、「セキュリティ要件確認支援ツール」をウェブサイト上で公開した。

同ツールは、システムの企画、調達、設計、構築、運用にあたり、専門知識や経験不足のシステム担当者でも、セキュリティ要件を正しく定義できるようサポートするウェブサービス。無償で利用できる。

ウェブサイト上で「機能」や「サービス」を入力することで、政府統一基準や地方公共団体のセキュリティポリシーガイドラインをもとにしたセキュリティに関する技術的な要件に関する情報や、システムにおける機能要件のうちセキュリティに関する要件をまとめた「セキュリティ機能要件」を参照できる。

IPAでは、セキュリティ要件を検討する際の負荷を低減すると同時に、検討能力不足によるセキュリティレベルの低下を防止に役立つとして、幅広く利用されることを期待しているという。

(Security NEXT - 2011/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
GDPRの理解を問う試験を提供 - EXIN JAPAN
「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスリストを公開 - IPA
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
IPA、セキュリティサービスの基準適合リストを作成へ - 審査機関も募集
経産省、「情報セキュリティサービス基準」を策定 - IPAが台帳作成へ
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに