Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、セキュリティ更新プログラム13件を公開

日本マイクロソフトは、セキュリティ更新プログラム13件を公開した。あわせて22件の脆弱性を解消している。

110810ms_01.jpg
8月の修正は13件

深刻度がもっとも高い「緊急」のプログラムは2件。「MS11-057」は、「Internet Explorer」向けの更新パッチで「IE 6」から「同9」まで幅広く影響を受ける。

同プログラムでは7件の脆弱性を修正しているが、細工されたウェブサイトを閲覧し、もっとも深刻な脆弱性が悪用された場合、任意のコードを実行されるおそれがある。

また2件の脆弱性はすでに公開されているが、同社によれば深刻度としては「警告」レベルであり、悪用も確認されていないという。

(Security NEXT - 2011/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
「Adobe Experience Manager」に情報漏洩の脆弱性
「Firefox 68」がリリース、クリティカル含む脆弱性21件を解消
「アクセス解析CGI An-Analyzer」に複数の脆弱性