Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウエア配信サイトが急増、1日あたり6800件 - わずか2カ月で倍増

シマンテックは、7月に発生したインターネットの脅威の状況やマルウェアの状況などを取りまとめた。

7月にメール送信に対してスパムが占めた割合は、前月比4.9ポイント増となる77.8%だった。フィッシング攻撃は0.01ポイントの微増で、全体の割合はそれぞれ0.313%、0.333%だった。

マルウェアを配布するウェブサイトは、1日あたり平均6797件を捕捉。前月から25.5ポイント増加した。増加傾向にあり、5月の平均3142件から2倍以上に拡大した。

一方ウイルスが添付されたメールは0.01ポイント増にとどまり、メール全体に占める割合は0.333%だった。エンドポイントを狙うマルウェアでは、リムーバブル ドライブや実行ファイルへの感染によって増殖していくワーム「W32.Ramnit!html」が活発だったという。

(Security NEXT - 2011/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
投資家が懸念するリスクのトップは「サイバー脅威」 - PwC調査
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
2017年はフィッシング攻撃数が大幅減 - マルウェアに移行か
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2017年4Qの脆弱性届出は70件 - ソフトウェア関連が大幅減
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増