Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートフォン出荷台数が急拡大、2011年度は2131万台となる見通し

スマートフォン市場が急激に拡大している。2011年度には、2131万台の出荷が予想されている。

調査を行った矢野経済研究所によれば、国内スマートフォン出荷台数は、2009年度が217万5000台だったのに対し、2010年度は、前年度比391.2%となる850万8000台へと急激に拡大した。同社では環境整備進み、さらに年末以降の新製品導入が後押ししたと分析している。

2011年度は伸び率が鈍化するものの、出荷台数は主力端末として今後も増加する見込みで、同社では2011年度の国内移動体通信端末出荷台数の過半数がスマートフォンとなると予測。出荷台数は2131万台に達する見通しだという。

ワールドワイドでも、国内ほどの増加率ではないものの、堅調に推移すると予測しており、2010年の出荷台数は2億9593万6000台だったが、2011年には4億8374万3000台になると予測している。

(Security NEXT - 2011/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
国内7%がID窃取被害を経験 - 端末の紛失は9%
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
2017年2Qの脆弱性届け出は269件 - ソフトウェア関連が2.6倍に
無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で