Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートフォン出荷台数が急拡大、2011年度は2131万台となる見通し

スマートフォン市場が急激に拡大している。2011年度には、2131万台の出荷が予想されている。

調査を行った矢野経済研究所によれば、国内スマートフォン出荷台数は、2009年度が217万5000台だったのに対し、2010年度は、前年度比391.2%となる850万8000台へと急激に拡大した。同社では環境整備進み、さらに年末以降の新製品導入が後押ししたと分析している。

2011年度は伸び率が鈍化するものの、出荷台数は主力端末として今後も増加する見込みで、同社では2011年度の国内移動体通信端末出荷台数の過半数がスマートフォンとなると予測。出荷台数は2131万台に達する見通しだという。

ワールドワイドでも、国内ほどの増加率ではないものの、堅調に推移すると予測しており、2010年の出荷台数は2億9593万6000台だったが、2011年には4億8374万3000台になると予測している。

(Security NEXT - 2011/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
企業における暗号化製品の導入率は45% - 中小3割に満たず
2017年4Qの脆弱性届出は70件 - ソフトウェア関連が大幅減