Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通エフサス、「デスクトップ仮想化サービス」を提供開始

富士通エフサスは、PCやスマートフォンからデスクトップ環境を利用できる「デスクトップ仮想化サービス」の提供を開始した。

110725ff_01.jpg
サービスイメージ(図:富士通エフサス)

同サービスは、仮想化デスクトップ環境をサーバ上に用意。PCやシンクライアント端末、スマートフォン、タブレット端末などさまざまな利用者端末から利用できる。

端末内にデータが残さずにパソコンやスマートフォンなどからデスクトップ環境を利用することが可能。サーバにおける一元管理が可能となり、パッチ適用、ソフトウェアのアップデートなど利用者の負担を軽減できる。

SBC方式とカスタマイズに対応する仮想PC方式の2方式を用意。同社では、2013年度末までに100システムの販売を目指している。

(Security NEXT - 2011/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
仮想通貨関連の広告審査サービス - イー・ガーディアン
仮想ネットワークより10Gbpsの全通信データを取得する新技術 - NEDOと富士通
アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
ウェブアプリ脆弱性検査サービス「VAddy」がプライベートネットワークの検査に対応
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供