Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスによりメールアドレスやパスワードが流出 - 東芝の米国グループ会社

米国の東芝グループ会社であるToshiba America Information Systems(TAIS)が、不正アクセスを受け、顧客情報が流出したことがわかった。

TAISの製品顧客情報を管理する一部サーバが不正アクセスを受けたもの。サーバ内には7520人分の顧客情報が含まれており、そのうち681人分のメールアドレスやパスワードなどが流出した。

TAISでは、情報漏洩が発生した対象となる顧客に対しては、事態について通知した。不正アクセスを受けたサーバを停止し、詳細について調べている。

(Security NEXT - 2011/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か