Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスや迷惑メール対策も備えた誤送信対策アプライアンス - HDE

HDEは、メール誤送信対策と情報漏洩対策機能を備えたアプライアンスの最新版「tapirus G 2100」を、7月19日より発売する。

tapirus G 2100
tapirus G 2100

同製品は、誤送信対策や情報漏洩対策を備えたメールセキュリティアプライアンス。送信メールの一時保留機能や上長確認機能、設定した条件に合致したメールを監査する機能、添付ファイルをパスワード付きZIPファイルに自動変換する機能などを備えている。

最新版では、こういった送信メールのセキュリティ対策にくわえ、ウイルス対策や迷惑メール対策など、受信メールに対するセキュリティ機能を追加した。

さらにフィッシング詐欺対策を強化したほか、送信ドメイン認証技術DKIMに対応。「SMTP-AUTH」「SSL/TLS」による受信制限にも対応した。また複数台を導入した場合一元管理にも対応している。

(Security NEXT - 2011/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など