Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スターティア、企業向けストレージ「セキュアSamba」のセキュリティを強化

スターティアは、企業向けオンラインストレージサービス「セキュアSamba」の機能強化を7月下旬に実施する。

セキュアSamba
ファイル共有を実現する「セキュアSamba」

同サービスは、拠点間でファイル共有が行えるSaaS型オンラインストレージサービス。今回の機能強化では、「接続元IP制限」機能の追加。IPアドレスによる接続制限が行えるようになった。

またファイル移動時や削除時のログ出力に対応。ファイルの編集を制限する「読み取り専用フォルダ」の設定が可能になったほか、「ユーザーごとの利用容量の制限」が行える。

今回の機能強化による価格変更は実施せず、100Gバイトまでディスクを利用できるリミテッドプランで1万5750円/月。別途初期費用3万1500円が必要。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、北朝鮮製の破壊型マルウェアの情報を公開 - Windows XP向け機能も
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
プリンストン製モバイルストレージに複数の脆弱性
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
2016年の国内IoTセキュリティ製品市場は518億円 - 前年比27.5%増
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応