Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スターティア、企業向けストレージ「セキュアSamba」のセキュリティを強化

スターティアは、企業向けオンラインストレージサービス「セキュアSamba」の機能強化を7月下旬に実施する。

セキュアSamba
ファイル共有を実現する「セキュアSamba」

同サービスは、拠点間でファイル共有が行えるSaaS型オンラインストレージサービス。今回の機能強化では、「接続元IP制限」機能の追加。IPアドレスによる接続制限が行えるようになった。

またファイル移動時や削除時のログ出力に対応。ファイルの編集を制限する「読み取り専用フォルダ」の設定が可能になったほか、「ユーザーごとの利用容量の制限」が行える。

今回の機能強化による価格変更は実施せず、100Gバイトまでディスクを利用できるリミテッドプランで1万5750円/月。別途初期費用3万1500円が必要。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず
教員や学生の「Office 365」アカウントが乗っ取り被害 - 東京理科大
BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開