Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セコム、ホームセキュリティで個人情報の受託サービス

セコムは、12月より新型のホームセキュリティシステムを提供開始する。非常時用に個人情報を預かるサービスも用意した。

110712se_01.jpg
新型ホームセキュリティシステムのしくみ(図:セコム)

同システムは、防犯や防火といったホームセキュリティの基本機能にくわえ、家族間のコミュニケーションツールや、非常時用のデータ保管機能などを備えたホームセキュリティサービス。

今回あらたに搭載した「データおあずかりサービス」では、グループ会社であるセコムトラストシステムズのデータセンターで、個人情報を預かる。

ホームコントローラー内蔵カメラやデジタルカメラで撮影した家族の写真や緊急連絡先、証明書、薬の服用内容といった情報を2Gバイトまで無料で保管でき、地震などの災害時や非常時に利用することが可能。

また遠隔地の監視機能のほか、ネットワーク機能を強化。指定した家族や親戚間で写真や情報を共有したり、フォトフレーム機能などホームセキュリティ以外の機能についても充実させた。そのほか、情報提供サービスなども展開する。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開