Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セコム、ホームセキュリティで個人情報の受託サービス

セコムは、12月より新型のホームセキュリティシステムを提供開始する。非常時用に個人情報を預かるサービスも用意した。

110712se_01.jpg
新型ホームセキュリティシステムのしくみ(図:セコム)

同システムは、防犯や防火といったホームセキュリティの基本機能にくわえ、家族間のコミュニケーションツールや、非常時用のデータ保管機能などを備えたホームセキュリティサービス。

今回あらたに搭載した「データおあずかりサービス」では、グループ会社であるセコムトラストシステムズのデータセンターで、個人情報を預かる。

ホームコントローラー内蔵カメラやデジタルカメラで撮影した家族の写真や緊急連絡先、証明書、薬の服用内容といった情報を2Gバイトまで無料で保管でき、地震などの災害時や非常時に利用することが可能。

また遠隔地の監視機能のほか、ネットワーク機能を強化。指定した家族や親戚間で写真や情報を共有したり、フォトフレーム機能などホームセキュリティ以外の機能についても充実させた。そのほか、情報提供サービスなども展開する。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日立ソ、エンドポイントにおけるインシデントの分析や復旧を支援
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
IBM、SOCサービスを強化 - マルチベンダー対応の監視サービス
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
JMAS、撮影データを暗号化送信するスマホ向けカメラアプリ
Bitcoin事業者向けサイバー保険 - 不正アクセスだけでなく、内部犯行や設定ミスもカバー
アイ・オー・データ、マイナンバー業務向けUSBメモリ
NRI、重要書類を電子化から保管まで支援するサービス