Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス

アララは、組織において点在する個人情報を含むファイルを洗い出し、管理状況を分析して対策を提示するサービス「個人情報管理診断レポート」を提供開始した。

同サービスは、同社の個人情報検出ソリューション「P-Pointer File Security」を利用し、組織内部のパソコンやファイルサーバなどに点在する個人情報ファイルを検出するもの。検出データから、個人情報ファイルの保管状況を分析し、傾向や対策をレポートとして提供する。

価格は、パソコン向けではライセンス数50台の場合、33万円から。ファイルサーバでは、検索対象の容量が1Tバイトの場合、33万円から。

(Security NEXT - 2020/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

匿名加工情報作成ソフトに新版、架空パーソナルデータの合成に対応
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
チャットで応対する月額制セキュリティ相談サービス
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸
段ボールの開梱機能を搭載した個人情報保護スタンプ - プラス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス