Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iPhoneユーザーの3人に1人、Androidは2人に1人が「セキュリティに不安」 - トレンド調査

トレンドマイクロは、スマートフォンに関する意識調査を実施し、結果を取りまとめた。セキュリティ対策を実施しているユーザーは、約2割にとどまったという。

同社では、6月28日から30日にかけ、ウェブ上で12歳以上の国内インターネットユーザーを対象にアンケートを実施。618人から回答を得た。

110711tm_01.jpg
スマートフォン利用中の困った点(グラフ:トレンドマイクロ)

レポートによると、スマートフォン利用中の困った点について質問したところ、iPhoneユーザーの28.2%、Androidユーザーの45.6%が「セキュリティ面で不安がある」と回答。不安を感じているAndroidユーザーは、iPhoneユーザーの約1.6倍に上っている。

プライベートで利用しているスマートフォンの用途について聞いたところ、ウェブ閲覧が最も多く、1日平均56.3分を利用。次に多かったのがアプリ利用で34.5分、メールが17.3分で続いた。ウェブの閲覧については、携帯電話でのウェブ閲覧時間平均16.2分を大きく上回った。

110711tm_02.jpg
不正Web対策製品の導入動向(グラフ:トレンドマイクロ)

一方で不正サイト対策の導入は進んでいない。不正サイトへのアクセスをブロックするセキュリティ製品について、「使用中」と答えたのは20.9%にとどまり、「気になるが使用していない」が63.1%と大きく上回った。

(Security NEXT - 2011/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説