Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MasterCard」を偽装したフィッシング攻撃が発生 - 16日の時点で稼働中

クレジットカードブランド「MasterCard」を装ったフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行っている。

今回確認されたフィッシングメールは、「Important MasterCard Alert」「MasterCard Account Holder」「Regarding Your MasterCard」のほか、少なくとも5種類以上の件名で送付されており、誘導先のURLも9件確認されている。

メールは英文で記載されているが、誘導先のフィッシングサイトについては、フォームが日本語化されていた。16日の時点で誘導先のサイトも稼働しており、同協議会ではサイトの閉鎖に向けて、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼しているという。

同協議会では、フィッシングメールに記載されたURLにアクセスしたり、誤って個人情報を入力しないよう呼びかけるとともに、同様のメールを受信した場合は届けてほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も