Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MasterCard」を偽装したフィッシング攻撃が発生 - 16日の時点で稼働中

クレジットカードブランド「MasterCard」を装ったフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行っている。

今回確認されたフィッシングメールは、「Important MasterCard Alert」「MasterCard Account Holder」「Regarding Your MasterCard」のほか、少なくとも5種類以上の件名で送付されており、誘導先のURLも9件確認されている。

メールは英文で記載されているが、誘導先のフィッシングサイトについては、フォームが日本語化されていた。16日の時点で誘導先のサイトも稼働しており、同協議会ではサイトの閉鎖に向けて、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼しているという。

同協議会では、フィッシングメールに記載されたURLにアクセスしたり、誤って個人情報を入力しないよう呼びかけるとともに、同様のメールを受信した場合は届けてほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加