Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、セキュリティ強化した「IE 9」の公開を開始

日本マイクロソフトは、4月26日より最新ブラウザ「Internet Explorer 9」の提供を開始した。

最新版では、フィッシング詐欺サイトの表示やマルウェアのダウンロードをブロックする機能を搭載するなどセキュリティ面を強化。またGPUの活用による表示の高速化やユーザーインターフェースを最適化したほか、機能の改善などを行っている。

同社は、同ブラウザを国外では3月15日より公開しているが、東日本大震災の発生を受け、トラフィックの増加などへの配慮から日本語版の提供を一時見合わせていた。

同社によれば、FacebookやAmazonなどワールドワイドにおいて主要250サイトなどが同ブラウザの新機能に対応。国内でもすでに25社が新機能の活用について対応を表明しているという。

(Security NEXT - 2011/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
ネット詐欺などの注意喚起情報でまとめページ - 消費者庁
一部サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - 広島大
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を