Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

知らぬ間に「Facebook」の「いいね!」ボタンをクリックさせる攻撃に注意

G Data Softwareは、3月のマルウェアの検知状況について取りまとめた。

同社のランキングによれば、もっとも多かったのは、2.6%を検出した「Trojan.Wimad.Gen.1」。「WMAファイル」に見せかけ、ファイルをインストールさせようとするトロイの木馬。

脆弱性「CVE-2010-0840」を悪用し、Javaのサンドボックス機能を回避し、Javaアプレットを悪用するダウンローダ「Java.Trojan.Downloader.OpenConnection.AI」が2位に続いた。

同マルウェアについては亜種「Java.Trojan.Downloader.OpenConnection.AN」が6位に入っている。また同様の脆弱性を利用し、マルウェアをダウンロードする「Java:Agent-DM」が8位にランクインした。

3位は、実行ファイルやライブラリに感染して拡大する「Win32.Ramnit.N」で、今回新規でランキングに入った。オートラン機能を悪用するワーム「Worm.Autorun.VHG」やトロイの木馬「Trojan.AutorunINF.Gen」なども上位に入っている。

また、ウェブサイトに埋め込まれたスクリプトにより、ユーザーが気がつかないうちに「Facebook」の「いいね!」ボタンをクリックさせる「Trojan.JS.Clickjack.A」が9位に入っており、不正サイトのSEO行為に利用されているとして同社では注意を呼びかけている。

同社のまとめたマルウェアのランキングは以下のとおり。

1位:Trojan.Wimad.Gen.1
2位:Java.Trojan.Downloader.OpenConnection.A
3位:Win32.Ramnit.N
4位:Worm.Autorun.VHG
5位:Trojan.AutorunINF.Gen
6位:Java.Trojan.Downloader.OpenConnection.AN
7位:JS:Redirector-EP
8位:Java:Agent-DM
9位:Trojan.JS.Clickjack.A
10位:Java.Trojan.Exploit.Bytverify.N

(Security NEXT - 2011/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍