Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、(ISC)2、CompTIAがセキュリティスキル備えた人材育成でパートナーシップ

ラック、(ISC)2 Japan、CompTIA Japanの3社は、セキュリティ認定資格の展開でパートナーシップを締結した。

今回パートナーシップは、システムやシステム上の機密データの取り扱いに関連する人材が必要とされるワールドワイドの認定資格について、国内で幅広く提案し、提供するために締結したもので、3社は個人のスキル向上を通じて、国内企業の組織力向上を目指すという。

米国防総省などでは、一定セキュリティを確保するために一部認定資格が必須とされており、こうした現状を受けてラックでは、ワールドワイドで評価されているCompTIA Japanの「CompTIA A+」や、(ISC)2の「CISSP」など、認定資格によるキャリアパスを国内でも幅広く提案していく。

(Security NEXT - 2011/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ
「Apache HTTP Server 2.4.39」が公開 - 脆弱性6件を修正
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析