Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、(ISC)2、CompTIAがセキュリティスキル備えた人材育成でパートナーシップ

ラック、(ISC)2 Japan、CompTIA Japanの3社は、セキュリティ認定資格の展開でパートナーシップを締結した。

今回パートナーシップは、システムやシステム上の機密データの取り扱いに関連する人材が必要とされるワールドワイドの認定資格について、国内で幅広く提案し、提供するために締結したもので、3社は個人のスキル向上を通じて、国内企業の組織力向上を目指すという。

米国防総省などでは、一定セキュリティを確保するために一部認定資格が必須とされており、こうした現状を受けてラックでは、ワールドワイドで評価されているCompTIA Japanの「CompTIA A+」や、(ISC)2の「CISSP」など、認定資格によるキャリアパスを国内でも幅広く提案していく。

(Security NEXT - 2011/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携