Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事務連絡メールに個人情報含むファイルを添付 - 総務省

総務省において、災害時連絡先として登録された個人の電話番号やメールアドレスなどを誤送信していたことがわかた。

同省中国総合通信局が4月13日に2回にわけて、管轄下の電気通信事業者の担当者144件に対し事務連絡のメールを送信した際、災害連絡先として登録された個人の電話番号やメールアドレスのべ49件を含むファイルを、誤って添付していたというもの。

同局では関係者に説明と謝罪を行うとともに、誤送信メールの削除を依頼したとしている。

(Security NEXT - 2011/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市