Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、不正証明書対策のため更新プログラムを公開

日本マイクロソフトは、大手認証局から不正な電子証明書が発行されたとの報告を受け、攻撃を防止するための更新プログラムを公開した。

Windowsにルート証明書が搭載されているComodoにおいて、不正な電子証明書9件が登録局を通じて発行されていたことが判明したことから対策を講じたもの。不正な証明書は、なりすましや中間者攻撃に悪用される可能性がある。

Comodoでは、問題の証明書を失効させており、ブラウザには証明書の状態をリアルタイムで検証できるプロトコルOCSPが実装されている。

日本マイクロソフトでは、同プロトコルを利用した検証時に失敗する可能性があるとして、更新プログラムを用意した。問題の証明書を信頼されていない証明書へ登録することで対応している。

同プログラムは、自動更新を有効にしている場合、自動的にダウンロードされ、インストールされる。

(Security NEXT - 2011/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
「Adobe Creative Cloud」デスクトップ版に3件の脆弱性
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
ネットワーク対応学習リモコン向けAndroidアプリに脆弱性
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
iOS版「LINE」にMITM攻撃可能となる脆弱性 - SDKの脆弱性が影響