Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、不正証明書対策のため更新プログラムを公開

日本マイクロソフトは、大手認証局から不正な電子証明書が発行されたとの報告を受け、攻撃を防止するための更新プログラムを公開した。

Windowsにルート証明書が搭載されているComodoにおいて、不正な電子証明書9件が登録局を通じて発行されていたことが判明したことから対策を講じたもの。不正な証明書は、なりすましや中間者攻撃に悪用される可能性がある。

Comodoでは、問題の証明書を失効させており、ブラウザには証明書の状態をリアルタイムで検証できるプロトコルOCSPが実装されている。

日本マイクロソフトでは、同プロトコルを利用した検証時に失敗する可能性があるとして、更新プログラムを用意した。問題の証明書を信頼されていない証明書へ登録することで対応している。

同プログラムは、自動更新を有効にしている場合、自動的にダウンロードされ、インストールされる。

(Security NEXT - 2011/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
医療情報狙う攻撃 - 新型コロナ前後の国内観測動向は
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
DigiCertの一部「EV SSL証明書」に不備 - 失効させ再発行
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市