Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

対策ソフトで検知できないウイルスが2010年10月以降に増加 - ラックが指摘

ラックは、同社セキュリティ監視センター「JSOC」において2010年に観測したインターネットにおける脅威の動向を取りまとめた。

同年前半に目立ったネットワーク関連事故は、「Gumblar」をはじめとするウイルス感染だったが、後半には日本が攻撃対象から除外される動きもあり、脅威は減少した。

一方l同社では、10月以降にウイルス対策ソフトウェアでは検知できないウイルスを多数確認しているとし、セキュリティ対策ソフトの効果が弱まっていると指摘する。

こうしたウイルスについて、同社では通信内容から把握したもので、多くのソフトでは検知できないことから、多数潜伏している可能性があると分析。セキュリティ対策ソフトのみの防御ではなく、ネットワーク監視など多層的防御の重要性が2011年以降増すと予測している。

またAndroid端末向けアプリケーションにウイルス「Geinimi」が混入した事例を挙げ、スマートフォンがPC同様の機能を備えていることから、こうしたウイルスの増加に懸念を示している。

(Security NEXT - 2011/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
QNAP製NASを狙うマルウェアに警戒を - 世界で約6.2万台が感染
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec