Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」にゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃が発生

Adobe Systemsは、 「Flash Player」に深刻な脆弱性が存在し、ゼロデイ攻撃が発生しているとしてアドバイザリを公表した。「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」のコンポーネントも影響を受けるという。

「Adobe Flash Player 10.2.152.33」や「Chrome」ユーザー向けに提供している「同10.2.154.18」、および以前のバージョンに脆弱性「CVE-2011-0609」が見つかったもの。

「Windows」「Mac」「Linux」「Solaris」など各プラットフォームに影響があり、Android向けに提供している「Flash Player 10.1.106.16」および以前のバージョンも含まれる。

細工されたファイルを開くなど、脆弱性が攻撃を受けた場合、アプリケーションがクラッシュし、システムを乗っ取られるおそれがある。

(Security NEXT - 2011/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性