Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

震災への便乗目的と見られるドメイン登録が100件以上 - 悪質サイトに警戒を

東日本大震災に関連した単語を含むドメインが大量に登録されていることを、トレンドマイクロが確認した。不正サイトへ利用される可能性があり、注意が必要だ。

同社によれば、3月12日以降に「earthquake」 「japan」「tsunami」「relief」「disaster」「fund」「donation」などの単語を含むドメインが100件以上登録されているという。

これまでも大規模な自然災害が発生した際に、関連キーワードを含むドメインが悪用されるケースが確認されており、今後フィッシング詐欺サイトなど、大量に発生する可能性があるとして、同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意