Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

震災への便乗目的と見られるドメイン登録が100件以上 - 悪質サイトに警戒を

東日本大震災に関連した単語を含むドメインが大量に登録されていることを、トレンドマイクロが確認した。不正サイトへ利用される可能性があり、注意が必要だ。

同社によれば、3月12日以降に「earthquake」 「japan」「tsunami」「relief」「disaster」「fund」「donation」などの単語を含むドメインが100件以上登録されているという。

これまでも大規模な自然災害が発生した際に、関連キーワードを含むドメインが悪用されるケースが確認されており、今後フィッシング詐欺サイトなど、大量に発生する可能性があるとして、同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
セブン銀行利用者狙うスミッシング - 「口座を一時停止」と不安煽る手口
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新