Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JS3、「iPhone」の端末認証に対応した「プライベート CA Gleas」最新版

JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズは、プライベート認証局の最新版「プライベート CA Gleas 1.8」を3月31日より発売する。

同製品は、証明書や証明書を発行対象となるアカウント、認証デバイスの統合管理などを行うことができるプライベート認証局。

最新版では、「iOS」搭載デバイスに対する構成プロファイルやクライアント証明書の配布機能を強化。Appleのスマートフォン「iPhone」やタブレット端末「iPad」について、許可した端末のみ鍵の生成、証明書の発行を行うことができる。

またGMOグローバルサインのパブリックルート証明サービスへの対応したほか、マルチテナント機能の向上や「Android搭載端末」や「FOMA」など対応デバイスを追加など機能を強化している。

(Security NEXT - 2011/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
FIDO認証導入のコンサルティングサービス
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開