Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

水道料金滞納者の個人情報含む書類を一時紛失 - 静岡市

静岡市上下水道局は、顧客情報49件が記載された書類を、委託先従業員が紛失したことを明らかにした。書類は3日後にすべて回収されたという。

一時紛失したのは、給水停止実施予定表や通知表など業務関係書類。水道使用者の氏名や水栓所在地、電話番号、水道料金滞納額などが含まれる。

2月22日17時ごろ、同市が料金徴収業務を委託しているジェネッツの従業員が作業終了後、書類をまとめて綴じていたファイルの紛失に気付いた。

捜索を行ったが見つからず、同日中に紛失届を提出。25日夜になって、交番から書類発見の連絡があり、すべて回収したという。

(Security NEXT - 2011/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケート用紙が運搬中に飛散、一部紛失 - 名古屋観光コンベンションビューロー
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
再委託先が個人情報含む図面などを一時紛失 - 横須賀市
電気料金支払い依頼書を別の顧客に送付 - エネクスライフサービス
県議会選挙関連の情報含む資料を誤ファックス - 長野県
郵送アンケートで宛名シール二重貼り、他人の個人情報が透ける状態に - 倉敷市