Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

水道料金滞納者の個人情報含む書類を一時紛失 - 静岡市

静岡市上下水道局は、顧客情報49件が記載された書類を、委託先従業員が紛失したことを明らかにした。書類は3日後にすべて回収されたという。

一時紛失したのは、給水停止実施予定表や通知表など業務関係書類。水道使用者の氏名や水栓所在地、電話番号、水道料金滞納額などが含まれる。

2月22日17時ごろ、同市が料金徴収業務を委託しているジェネッツの従業員が作業終了後、書類をまとめて綴じていたファイルの紛失に気付いた。

捜索を行ったが見つからず、同日中に紛失届を提出。25日夜になって、交番から書類発見の連絡があり、すべて回収したという。

(Security NEXT - 2011/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社
個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構
衣装ケースに入った顧客リスト約6000件、店舗駐車場に放置 - NTT西