Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小中高生の保護者は7割以上が自身もフィルタリングを活用

小中高生を子どもに持つ保護者の多くが、フィルタリングをセキュリティ対策のために自身でも利用していることがわかった。

ネットスターが小中高生を子どもを持つ保護者を対象として、2010年11月25日から2010年11月26日にかけてインターネット上で実施したアンケート調査により判明したもの。

パソコンにおけるフィルタリングの利用率は81.2%。携帯電話でも47.9%と半数近くが利用していたという。一方、スマートフォンや家庭用ゲーム機の利用率は2割前後と低かった。

パソコンでは、セキュリティ対策製品の付加機能など無償サービスとして利用するケースが44.2%と多く、携帯電話についても、キャリアによるアクセス制限サービスの利用が36.8%と大きな割合を占めている。有償サービス利用者はあわせて21.7%だった。

(Security NEXT - 2011/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
プロバイダにおける迷惑メール対策導入状況を公表 - 総務省
子どものネット安全対策、保護者の5人に1人は無策
総務省、迷惑メール防止技術の導入状況を公表 - DMARC導入は2社
小中学生の情報モラル診断、「法」に関する知識が低い傾向
日米企業のセキュリティ投資額や製品導入率に格差 - MM総研調査
モバイルセキュリティ対策市場、2015年度に14.3倍へ - 紛失対策は196.7倍となる見込み
「標的型攻撃リスク」は8割が重視 - パッチ適用徹底は6割にとどまる
小中学生のパソコン、4割はウイルス対策不足 - トレンドマイクロまとめ