Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサインら、AWS向けSSLサーバ証明書導入ツール - 1カ月単位の利用にも対応

GMOグローバルサインとアイレットは、GMOグローバルサインのサーバ管理ツールと認証局の自動連携を実現するAPIサービス「第二世代ワンクリックSSL」をAmazon Web Services向けに提供すると発表した。

GMOグローバルサインがホスティング事業者へ提供しているAPIサービス「第二世代ワンクリックSSL」のAWS版を開発するもので、3月下旬よりアイレットがサービスを提供する予定。

同サービスでは、SSLサーバ証明書の申請からインストールまでワンストップで行うことができ、CSRの作成やSSLサーバ証明書の受領、ウェブサーバへのインストールなどの作業が不要。

またSSLサーバ証明書を月単位で契約したり、1カ月ごとに自動更新することが可能で、AWSの支払いサイクルをあわせてSSLサーバ証明書を利用できるとしている。

(Security NEXT - 2011/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
サイバートラスト、DigiCert証明書の取扱を強化 - RAを国内に開設
KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発
マイナンバーカードを利用したオンライン向け本人確認サービス - サイバートラスト
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
「EV SSL証明書」の半額キャンペーン - サイバートラスト
NEC、マイナンバーカードの活用を支援するソリューション