Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国でフィッシング攻撃が横行 - トークン利用者が標的に

McAfeeによれば、中国国内で携帯電話のショートメッセージサービスを利用する大規模なフィッシング攻撃が発生している。

同社によれば、今回攻撃が確認されたのは、中国銀行を装ったフィッシング攻撃。トークンの有効期限が切れ、再発行が必要などとフィッシングメールで預金者を騙し、本物そっくりのフィッシングサイトへ誘導するという。

フィッシングサイトでは、IDやパスワードにくわえ、トークン情報を入力させており、誤ってデータを送信すると、トークンの有効期限内に口座から送金が行われるという。

McAfeeでは、ドングルやトークンを利用しているケースでも、フィッシング攻撃を防げないケースがあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加