Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東大基金に不正アクセス、外部攻撃の踏み台に - 個人情報流出の可能性も

東京大学への寄付を受け付けている「東京大学基金」のウェブサーバが、不正アクセスを受けたことがわかった。寄付を行った関係者の個人情報が流出した可能性がある。

同大学によると、サイトの管理を委託している業者から不正アクセスについて1月21日に報告を受け、判明したもの。不正アクセスは1月20日に発生し、外部のサーバへ不正アクセスを行う「踏み台」として利用されていたという。

問題のサーバには、2006年11月8日から2011年1月21日の間に、同サイトを通じて寄付また寄付の申し込みをした810人の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、寄付の目的、寄付の金額などが保存されていたという。

同大では情報流出の有無など外部専門家による調査を進めているが、流出の可能性を踏まえて、寄付を行った関係者へ報告や謝罪を実施。詳細や再発防止策などは、今後公表するとしている。

(Security NEXT - 2011/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ