Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東大基金に不正アクセス、外部攻撃の踏み台に - 個人情報流出の可能性も

東京大学への寄付を受け付けている「東京大学基金」のウェブサーバが、不正アクセスを受けたことがわかった。寄付を行った関係者の個人情報が流出した可能性がある。

同大学によると、サイトの管理を委託している業者から不正アクセスについて1月21日に報告を受け、判明したもの。不正アクセスは1月20日に発生し、外部のサーバへ不正アクセスを行う「踏み台」として利用されていたという。

問題のサーバには、2006年11月8日から2011年1月21日の間に、同サイトを通じて寄付また寄付の申し込みをした810人の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、寄付の目的、寄付の金額などが保存されていたという。

同大では情報流出の有無など外部専門家による調査を進めているが、流出の可能性を踏まえて、寄付を行った関係者へ報告や謝罪を実施。詳細や再発防止策などは、今後公表するとしている。

(Security NEXT - 2011/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
サポートサイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 日立ICS
ワイン醸造所通販サイトでクレカ情報流出か - 正規利用以外の情報も
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
中華食材の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に
トヨタ販売会社8社に不正アクセス - 顧客情報最大310万件が流出の可能性