Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンファレンス申込者の情報が閲覧可能に - 日本CodeIgniterユーザ会

日本CodeIgniterユーザ会は、2月19日に開催する「CodeIgniterカンファレンス2011」の申込者に関する情報が、設定ミスによりインターネット上から閲覧可能だったと発表した。

申し込みフォームに用いたGoogleのフォーム作成で設定を誤り、回答の概要を公開してしまったもので、1月19日に判明したという。

同会では閲覧できないよう設定を変更。同日以前に申し込んだ場合、個人情報が漏洩した可能性があるとして、同会では個別にメールで連絡を取っている。

(Security NEXT - 2011/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市