Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ファミマTカード」不正利用の原因は「カード番号の類推」 - 対策実施し取引を再開

ファミマクレジットは、「ファミマTカード」において不正利用が発生した問題で、原因を特定したと発表した。また対策が完了したとして、サービスを再開している。

問題となった不正利用は、2010年12月21日に米国で確認されたもの。顧客約1000人分のカード情報が不正に利用されたおそれがあるとして、同社では同月24日に「TSUTAYA Wカード」を含む全カードについて海外におけるショッピングやキャッシング利用を停止していた。

同社は社内調査により、不正利用の原因についてクレジットカード番号を類推する手口によるものと特定。約1400人分のクレジットカード番号が不正利用された可能性があることが判明したという。個人情報の流出については否定している。

同社では、システムにおいて対策を実施し、再発を防止できる環境が整ったとして海外における取引を1月25日より再開。またカード利用者に対し、心当たりのない請求などあった場合は、同社まで問い合わせるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

預り内容など顧客情報含む受取書が所在不明 - 青い森信金
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
顧客情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 北星信金
顧客情報含む伝票5469枚の所在わからず - 静岡中央銀
元従業員が店舗でクレカ情報を窃取、通販に使用 - セキ薬品
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増