Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Waledac」が活動再開、国内含む1400台を超える規模に

スパム量の減少が伝えられるなか、「Stormボットネット」としても知られるワーム「Waledac」が、変化しながら再び活動を開始している。

2010年10月に大量のスパムを送信していたウェブサイト「Spamit」が閉鎖したことをきっかけに、スパムメールのボリュームは減少しているものの、シマンテックは2011年1月に入って、「Waledac」の亜種があらたな活動を観測しており、注意が必要だと指摘している。

同社によれば、同ワームはfast-flux型攻撃の特性を備えており、バージョンアップなど行いながら、短期間に攻撃の内容が変化しているという。

年明け当初は、グリーティングカードを利用し、新年の挨拶を装ったスパムメールを送信。不正サイトへ誘導するもので、ブラウザの脆弱性を利用して偽メンテナンスソフト「HDD Fix」をインストールさせようとする手口だった。

(Security NEXT - 2011/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
Android端末を狙うクラウド型マルウェアサービス「MaaS」 - アクセシビリティ機能を悪用
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
複数「WebLogic Server」脆弱性、早くも悪用や実証コード