Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Waledac」が活動再開、国内含む1400台を超える規模に

スパム量の減少が伝えられるなか、「Stormボットネット」としても知られるワーム「Waledac」が、変化しながら再び活動を開始している。

2010年10月に大量のスパムを送信していたウェブサイト「Spamit」が閉鎖したことをきっかけに、スパムメールのボリュームは減少しているものの、シマンテックは2011年1月に入って、「Waledac」の亜種があらたな活動を観測しており、注意が必要だと指摘している。

同社によれば、同ワームはfast-flux型攻撃の特性を備えており、バージョンアップなど行いながら、短期間に攻撃の内容が変化しているという。

年明け当初は、グリーティングカードを利用し、新年の挨拶を装ったスパムメールを送信。不正サイトへ誘導するもので、ブラウザの脆弱性を利用して偽メンテナンスソフト「HDD Fix」をインストールさせようとする手口だった。

(Security NEXT - 2011/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
【特別企画】セキュアなIoT活用の重要性が問われる時代に - 安田浩氏
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算