Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、月例セキュリティ更新プログラム2件を公開

マイクロソフトは、2011年最初となる1月のセキュリティ更新プログラム2件を公開した。あわせて3件の脆弱性を解消している。

今回公開されたプログラムの深刻度は「緊急」「重要」それぞれ1件つづで、いずれも「Windows」の脆弱性を解消している。

深刻度が「緊急」とされているプログラム「MS11-002」は、データベースを扱う際のコンポーネント「Microsoft Data Access Components」に含まれている脆弱性2件を解消するパッチ。クライアント製品の最大深刻度は「緊急」だが、サーバ製品では、1段階低い「重要」となっている。

同プログラムでは、「ODBC API」において「データソース名」の文字列の長さを正しく検証しないため、バッファオーバーフローが発生し、リモートでコードが実行される問題に対応した。

(Security NEXT - 2011/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性