Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約1000件の「ファミマTカード」で不正利用の疑い - 海外利用を一時停止

ファミマクレジットは、米国内において同社クレジットカード「ファミマTカード」の不正利用が発生したとして、海外におけるカード利用を一時停止した。

同社によれば、米国においてカードの不正利用が発覚したもので、不正利用の疑いがある約1000件の「ファミマTカード」、および今後不正利用が行われるおそれがある同カードについて、12月24日よりショッピングやキャッシング利用を停止した。同社では不正利用された可能性がある会員へ連絡を取り、カード再発行について案内している。

また被害の拡大を防ぐため、「ファミマTカード」と「TSUTAYA Wカード」の全カードについて、海外での利用を一時停止。「Amazon.co.jp」など含む海外とのネット取引も、同様に一時利用できなくなっている。

同社では、不正利用された個人情報の範囲や経緯など詳細を調べており、判明次第発表する方針。ポイントサービスやレンタル機能については影響ないとしている。

(Security NEXT - 2010/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金
個人情報14.7万件含むタブレットを紛失 - 岡崎市
2支店で納付書控え1.8万件が所在不明 - 鹿児島興業信組
本店で保管していた顧客情報含む伝票を紛失 - 沖縄銀
マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
預り内容など顧客情報含む受取書が所在不明 - 青い森信金
顧客情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 北星信金
顧客情報含む伝票5469枚の所在わからず - 静岡中央銀
元従業員が店舗でクレカ情報を窃取、通販に使用 - セキ薬品