Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約1000件の「ファミマTカード」で不正利用の疑い - 海外利用を一時停止

ファミマクレジットは、米国内において同社クレジットカード「ファミマTカード」の不正利用が発生したとして、海外におけるカード利用を一時停止した。

同社によれば、米国においてカードの不正利用が発覚したもので、不正利用の疑いがある約1000件の「ファミマTカード」、および今後不正利用が行われるおそれがある同カードについて、12月24日よりショッピングやキャッシング利用を停止した。同社では不正利用された可能性がある会員へ連絡を取り、カード再発行について案内している。

また被害の拡大を防ぐため、「ファミマTカード」と「TSUTAYA Wカード」の全カードについて、海外での利用を一時停止。「Amazon.co.jp」など含む海外とのネット取引も、同様に一時利用できなくなっている。

同社では、不正利用された個人情報の範囲や経緯など詳細を調べており、判明次第発表する方針。ポイントサービスやレンタル機能については影響ないとしている。

(Security NEXT - 2010/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
委託先で顧客情報含む領収書を紛失 - 京葉ガス
振込詐欺被害者の個人情報を誤ってネット公開 - 大阪府
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
印影など含む伝票綴りが所在わからず- 鳥取銀
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀